• アーカイブ

CHA

「千代田区内のコンビニエンスス トアにおける市販「弁当類」の栄養成分の調査研究」

2013年05月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「千代田区内のコンビニエンスス トアにおける市販「弁当類」の栄養成分の調査研究」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

「千代田区内のコンビニエンスス トアにおける市販「弁当類」の栄養成分の調査研究」
~インターネットによるアンケート調査~

戦後60年間に農業社会から産業社会による経済力向上、情報化など社会基盤の急激な変化は家庭の機能を大きく変化させてきた。現在、従来の家庭内食生活 (内食) から家庭外食生活(外食)への依存度が高まり、家庭の大切な機能として最後まで残っていた食事づくりと食生活管理が外部化し、家庭で家族がそろって食べる頻度が減少してきている。特に内食と外食の中間的意味合いの「中食」が1990年代以降、食の消費現場において業界関係者間で用いられるようになってきた。コンビニエンスストア(CVS)やスーパーマーケット(SM)など中食商品である弁当が所狭しと陳列されており、 昼食時になると千代田区にあるCVSやSMは買い物客でにぎわうほどの消費構造が巨大な食品産業化している。 弁当やおにぎり類のラベル表示には栄養素や添加物が記載され、その表示内容を確認して購入し、自分にあった弁当やおにぎり類を購入していると考えられる。そこで本調査・研究事業では、弁当・おにぎり類の利用実態調査を性別や年齢別に調査した。さらにCVS3社で購入した弁当・おにぎり類10種類の栄養成分量やエネルギー値、さらに塩分量を分析定量し、栄養評価を行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(K.T.)

Comments

No related posts.