• アーカイブ

CHA

【CHA2号より:食べ物豆知識】 お米

2012年04月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【CHA2号より:食べ物豆知識】 お米
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

                         原 寛子・長田朱美(2004年10月発行CHA2号より)

2004年は、「国際コメ年」

一つの産品だけで国連の年が行われることはいまだかつて例がありません。「国際コメ年」のテーマは「コメは命」です。
米は、世界113カ国、世界の半数以上の人々の主食であり、貧困及び栄養不足の軽減における米の役割について一般の認識を高め、世界の注意を喚起していく必要性を再確認し、2004年を「国際コメ年」として宣言することが決定されました。日本では11月に「国際コメ研究会議」が東京で開かれます。

スリランカの保育園で

漢字のなかのお米
米という字は、象形文字です。つまり、物の形を文字に表したもので「もみがらを破って出たこめつぶ」を描いた字です。
米という字を分けると八、十、八になります。このため米を作る作業は、八十八の工程があるとも言われます。そのほかに、米偏の漢字をいくつかあげてみました。

お茶とお米
香川県塩飽諸島は、瀬戸内海の大小28の島からなっています。海の幸は豊富でも米が採れない塩飽の島では、茶粥は古くから郷土料理として伝えられてきました。
貴重なお米を少しでも長い間食べ続けられるようにと、具だくさんでお米は少し。そして水道が普及する以前は、塩分を含んだ井戸水だけではお粥にむかないため、高知県の「碁石茶」を煮出して、具とお米を入れてさらに煮込みました。
碁石茶は、カビ発酵と乳酸菌発酵を行う後発酵茶です。酸味とともに独特の味わいと風味があるので、茶粥には調味料で味付けする必要はありません。

碁石茶・・・乾燥工程

Comments

No related posts.